自己紹介代わりにこれまでを振り返ってみる

 

はじめましてこんにちは。

薮くんが大好きな社会人1年目です。

 

きっとこのブログを全く知らない方が読んでくれるという可能性はほぼゼロだと思いますが、いい機会なのでこれまでの私のオタク遍歴を振り返ろうと思います。

 

まず、初めてジャニーズでかっこいいと思ったのが今の担当である薮宏太くん。

たぶん小学校3.4年生のとき。Ya-Ya-yahの番組をたまたま見て、たまたま見た薮くんが凄いかっこよくて、誰この人!?ってなったのを今でも覚えてます。

それまではあんまりジャニーズに興味無かったのかな、ちなみに母親によると私が初めて好きって言った芸能人は今田耕司らしいです。(幼稚園くらい)(全く記憶に無い)(最初に聞いたときに嘘だろって思ったくらいには好きなタイプでは無い)

 

小学校高学年では花男とごくせんが流行り嵐と仁亀を知り、二宮くんの顔好きだな〜赤西くんもかっこいいな〜いや赤西くんよりも小池徹平だわって言うのを思ってた記憶。その後KAT-TUNがデビューしてCDを買ったとこまでは覚えてる。(お気付きかと思いますがただのミーハーです)あとは薮くんも載ってるしと思ってMYOJOをほぼ毎月買ってた。

 

そして中学生になったらHey! Say! JUMPがデビューしました。初めて見たときからかっこいい!って思い続けてた人がデビューしました。バレーボールの試合の前に歌ってる姿がひたすらにかっこよくて毎回見てたのは未だに覚えてて、薮くんだいすき♡って言ってた記憶がある。(Aメロ前のJ.U.M.P JUMPで抜かれる薮くんがほんとに死ぬほど好きでそこばっかり繰り返し見てた)

でも何だろうこのグループっていうのがあって、Ya-Ya-yahの2人は?って思い始めたことと薮くんが端にいることが受け入れられなくて嵐に行きました(突然)

それからはバリバリの二宮担で、高校生と大学生の頃はひたすらバイトしてました。

 

中学生まではいわゆる茶の間というやつで、コンサートなんて行ったことも無かったし行こうとも思ってなかったけど、高校生になってバイトを始めて少し自由になって、その時に好きだったのが嵐だったから嵐のコンサートに行って楽しさを知って、そっからは沼でしかありませんでした。

高2の時には元ジャニヲタと同じクラスになり、Ya-Ya-yahの話に花を咲かせ、ちょうど山下翔央くんが弟とライブをやると知り、軽率に現場へと足を運びました。まさかの薮くんよりも先に本物にお目にかかりました。翔央くんかっこよかったです(小並感)

 

それから大学生になっても二宮くんが好きで、ある時ワクワク学校にHey! Say! JUMPが出ることになりました。

「え!二宮くんを見に行って薮くんも見れるの!?」

一番最初にかっこいいと思ったジャニーズに会える嬉しさが凄かったです。中学の同級生が八乙女担で一緒に入ってくれることになったので、軽率に薮と光の団扇を作りました。

 

そこで薮くんが

「ロケに行ったときに僕の名前を知ってもらえていなかったので、覚えてもらえるようにしたい」(記憶が超曖昧)(誰とロケ行った話してたのかも覚えて無いんだけどたぶん有岡あたり)

と目標を話していました。

 

私はそれを聞いて

「は!?嘘だろ!?薮宏太だよ!?」

って思いました。

でもよく考えてみたらデビューしてからの薮くんはジュニア時代ほどメディアへの露出は無くて、私も歌番組で見る程度でした。

そうなるとその反応はまぁ妥当なのかなぁ、と思ったら凄い悲しくなったし、こんなにかっこいい薮くんがこんな思いをしてるのが凄い悔しくて薮くんにもっっっと頑張ってほしい!!!!って強く思いました。

だけど薮くんにお金を落とせる程の余裕は無くて、嵐が1番だったしその年のツアー(Japonism)が死ぬほど好きで死ぬほど楽しかった。オーラスのアンコール前にはツアー終わるのが悲しすぎて泣いてた(黒歴史

 

そんな感じで次の年も二宮担を続行していましたが、ちょうど1年前くらいに薮くんがチカラウタに出演しました。

たまたま予告を見て

「あ!薮くん出るんだ!1人でバラエティってどんな感じなのかな〜」

くらいな軽い気持ちで録画をしました。

 

録画を見ました。

 

泣きました。

 

そもそもチカラウタという番組の趣旨をイマイチわかってなかったみたいなとこがあるのでまさかこんな泣かされるとは思ってもいませんでした。

その後、薮くんのこれまでのインタビューとかをたくさん調べて

「どうしよう薮くんのことをちゃんと応援したいかもしれない、、、でも二宮くんも好きだし、、、」

っていう葛藤をしてました。

 

そんな時に二宮和也から一気に冷める事件が起こりました(察してください)

 

そこからは早かったです。有難いことに嵐のアリーナ公演に行けることになっていたので、そこを節目に降りるか降りないか決めようと思いました。

やっぱり凄い楽しかったし幸せな空間だったけど、前よりもキラキラして見えなくなってしまってこれが答えなのか、と思って薮担になりました。

幸いなことに元二宮担な現高木担と一緒にいれたし、ワクワクに行ってくれた八乙女担の同級生(降りる前から定期的に私に薮くんを与えてくれていた)もいたので気負いなく降りれたし降りる前も降りてからも楽しくてたまらないです。

 

その後に行ったDearは最高でした。薮くんがキラキラしてました。足が2mありました。

 

そんなわけでもうすぐ降りて1年になるド新規なのですが、ずっと薮くんかっこいいって言ってたのに担当にはならないで横目で見てるくらいだった私がこのタイミングで薮担になったことが凄い不思議な感じで、でも振り返ってみるとこういう運命だったのかなぁって思うことがたくさんあって、今年はHey! Say! JUMPが10周年で。

受け入れられなくてたまらなかったグループだったのに、今はもう9人まるっと愛しくて、きっとこの9年でグループ内で色んなことがあって、それを乗り越えて来たからこその今の9人なんだと思うと、受け入れられなかったあの頃の自分を殴りたいです(真顔)

受け入れられるようになるまで魅力的なグループになったって考えればいいかなとか思うけど、そんなこと言ったら私はどこの国の王なんだっていうくらい上から目線な発言になるので過去の自分を殴ることにしておきます。

 

これまでの9年は

"薮くんが出るから"

これ見よ!って思ってテレビを見てたからグループ自体にほんとに興味が無かったけど、今はJUMPの誰かが出てるって思うと見ることも多いし、薮くんの

「個人の仕事でもグループに何かを還元してほしい」(これまた曖昧)

っていう言葉を思い出します。

 

ジュニア時代にセンターでバンバン歌って踊って活躍してたからわかることがあってのこういう考えだと思うので、これからも最年長としてHey! Say! JUMPをもっともっと素晴らしいグループへと引っ張っていってくれるんだろうなぁってとても楽しみで、応援しがいがあります。

 

そんなわけでゴールデンウイークが終わる明日には10周年ツアーの発表でもされないかなぁ。とんでもないイベントとか来そうでちょっと怖いなって勝手に思って病んでるけどとりあえず発表してほしいなぁ。

 

ちなみに10周年ライブがあったらやぶひかで愛しのプレイガールを踊ってくれないかなと思っています。(愛しのプレイガールがYa-Ya-yahの曲で一番好きだった)(帝劇の衝撃を再びと願ってる)

 

追記しておくとUltra Music Powerを歌われた瞬間には確実に号泣します。(聞いてない)

 

とてつもなく長くなりました。

いやこれ自己紹介じゃないだろっていう異論は受け付けません。

 

また何か更新します(たぶん)